•  チップの相場と注意点

○ チップとは
日本にはない習慣の一つに【チップ】 というものがあります。
チップとは、「自分にサービスをしてくれた人に対しての感謝の気持ち」として支払うお金の事です。

チップを渡すシーン毎に金額の相場がありますが、必ずその範囲と決まっている訳ではありません。
なぜならチップは、感謝の気持ちとして支払うのですから、サービスが悪く不愉快な思いをした時には少なめにしても構わないのです。
またその逆で、非常に良くしてもらったと感じたなら、多めにチップを渡して感謝の気持ちを表しましょう。


○ チップを渡すシーン別、金額の目安・注意点
ここでは、チップの金額の目安と注意点について記述します。
具体的に金額を記述するものについては、アメリカドル(1ドル=約100円)で説明をさせて頂きます。

・タクシー
海外でタクシーを利用した時にチップを渡します。
料金の10%~15%がチップの目安となります。
また、スーツケースなど大きな荷物の積み降ろしをしてもらった場合、荷物1つにつき1ドルを上乗せします。
(海外では、荷物の積み降ろしはドライバーが行います。自分でやろうとして車を傷つけたなどのトラブルを防ぐためにも、ドライバーに任せるのがマナーと言えます。)

・レストラン
レストランでのチップの相場は、料金の15%~20%です。
この時気をつけたいのは、あらかじめチップ込みの金額が請求される事があるということ。 伝票を渡されたら、チップ(TIP)の欄に金額が書かれているかどうか確認しましょう。

もし金額にチップが含まれていなかったら、現金で支払う場合はチップ分を上乗せして支払います。
そしてクレジットカードで支払う場合ですが、伝票のチップ(TIP)欄とTOTAL欄に自分で金額を書き込みます。 この際、金額の頭にその国の通貨単位($など)を、金額の終わりに「-」を書き加えるのを忘れずに。 これは、金額を書き換えてしまうという悪質な行為を防ぐ為です。

・ホテル
まずホテルに到着したら、ベルボーイに荷物を預け部屋まで運んでもらいます。 この時、運ばれた荷物を確認した時点で、荷物1つにつき1ドルをベルボーイに渡します。

ベッドメイキング(ハウスキーパー)へのチップは、不必要であるという意見もありますが、私は1ベッドにつき1ドルを置くようにしています。

宿泊代金はしっかり支払っているのですから、チップがないからといって清掃がおろそかになる事はありません。 ただ、この仕事に従事している方達は基本所得が低く、チップが収入の一部になっているのが現状です。
なお、ハウスキーパーへのチップは、枕の下に置くよりベッドサイドのテーブルに置くほうがスマートです。

  •  使用済みおむつについて
「子連れ旅行のマナー」のページでも記述していますが、小さな子供と旅行をすると使用済みのおむつがゴミとして出ますよね。
宿泊したホテルでは、まとめてビニール袋に入れ、トイレに置いておきましょう。
その際、1ドル程度のチップを置くのがマナーです。
そうすれば、掃除に来てくれた人が気持ちよく処理できると思いますよ。