•   電圧とプラグ形状

意外に「これってどうなの?」と思うことに、電圧とプラグ形状の疑問が挙げられます。
子供と旅行となると写真をいっぱい撮りますし、デジカメの充電は必ずしたいですよね。


○ 電圧
日本の電圧は100ボルトで諸外国と比べて低いのが特徴です。
基本的に、電圧が120ボルトを超える場合は、そのまま使用する事ができません。変圧器が必要になります。
電圧とプラグ(機器説明書) ただし、電化製品のアダプタに変圧機能がついている場合は使用できます。 アダプタや使用説明書に、「AC 100V-240V」と書いてあれば変圧器は必要ありません。

←これは、デジカメの使用説明書です。
「海外旅行でも使用可能な、入力AC100V-240Vです」と記載されています。この製品は大丈夫だということが分かります。

最近では、デジカメの充電器については240Vまで対応している製品が多いようですが、 私の持ち物の中で携帯電話(FOMA)・ニンテンドーDSの充電器は100V専用でしたので、これらは変圧器が必要です。

海外で使用したい製品は、アダプタ・使用説明書にて電圧の確認をしておきましょう。


○ プラグ形状
プラグ形状は日本はAタイプですが、アメリカ(ハワイ・グアム含む)やサイパンは同型なのでそのまま使用できます。

電圧とプラグ(マルチプラグ) ただし、プラグ形状がAタイプ以外の場合は、そのまま使用する事ができず、専用のコンセントが必要になります。
また、宿泊するホテルによっては、マルチコンセントがある場合があります。

左の写真は、我が家が購入した、全てのプラグ形状に対応できるプラグです。
価格は 2,000円ほどなので、1つ持っていると便利です。


子連れ旅行のおすすめに挙げた国については下記にまとめました。
なお、下記以外の国については国別一覧表を参考にして下さい。


○ 子連れ旅行でよく行く国の、電圧・プラグ一覧
国名 電圧 プラグ 備考
ハワイ
グアム
サイパン
アメリカ本土
110V ~ 120V Aタイプ Aタイププラグ
日本のドライヤーやシェーバーは短時間ならそのまま使える。

パソコン・精密機器や一部の機器は加熱される恐れがある為、変圧器を持って行く方が良い。

オーストラリア 240V / 250V Oタイプ Oタイププラグ
日本国内用の電気製品はそのままでは使用不可。変圧器と専用のコンセントが必要になる。

ただし、高級ホテルにはひげ剃り用の110V用コンセントや変圧器、ドライヤーを用意しているところもある。

シンガポール 230V BFタイプ


B3タイプ

BFタイププラグ

B3タイププラグ

日本国内用の電気製品はそのままでは使用不可。変圧器と専用のコンセントが必要になる。

プラグの形状が数種類あるので、マルチタイプのコンセントを持参すると便利。