•  海外旅行では海外旅行傷害保険に加入しよう

○ 海外旅行傷害保険の必要性
海外旅行中にケガや病気になって医者にかかる場合、日本の健康保険証は利用できませんので、全額負担になってしまいます。 しかも、海外での医療費は日本に比べ高額なケースが多いのが現状です。

万が一に備えて、海外旅行傷害保険に加入しておくことをおすすめします。

まず、クレジットカードを所有している場合は、海外旅行傷害保険が付帯しているか確認します。
 詳しくは → 海外旅行の保険~クレジットカード付帯の保険~

そしてクレジットカード付帯保険の補償内容を確認したうえ、上乗せとして損保会社の海外旅行傷害保険に加入します。

保険料は金融の自由化により、以前よりだいぶお得になっていて、特にインターネットで加入すると保険料が安くなる商品があります。
そして、保険は出発前に加入すれば、自宅から空港までも補償の対象となります。


○ 海外旅行傷害保険の基本内容
下記の事態が起こった場合に保険金が支払われます。

・傷害死亡・後遺障害
旅行中に事故・ケガが原因で、死亡または後遺障害が残った場合。

・疾病死亡・後遺障害
旅行中に病気が原因で、死亡または後遺障害が残った場合。

・傷害・疾病治療費用
旅行中に事故・ケガや病気をした場合。

・救援者費用
旅行中に事故・ケガや病気をして入院をした場合などで、親族が現地に駆けつける時。

・携行品損害
かばんが盗難にあったり、カメラなどを破損してしまった時。

・賠償責任
誤って人にケガをさせた、商品を壊した、ホテルの部屋を水浸しにしたなど、損害賠償を負った時。

・入院一時金
ケガや病気で2日以上入院した場合。

・航空機寄託手荷物遅延等費用
航空会社に預けた荷物の到着が遅れ、着替えなどの身の回り品を購入した時。

・航空機遅延等費用
航空機の遅延・欠航で、宿泊費や食事費用がかかった時。

※注意点
妊婦の出産・早産・流産や妊娠が原因の病気に関しては、保険金の支払い対象とはなりません。 妊娠中に海外旅行をする場合は、特に慎重に行動して下さい。


○ 現地でレンタカーを利用する場合
現地でレンタカーを利用する場合には、必ず保険に加入する事が必要です。
また、海外旅行傷害保険とは別に、レンタル会社で強制保険・任意保険に加入します。


  •  保険会社選びに悩んだら
海外旅行傷害保険を取り扱う保険会社は、主に9社。 その全てを自分で比較検証するのは、大変手間が掛かります。

どの保険会社が良いか分からない場合は、「比較サイト」を利用してみて下さい。
その中でも私の経験上、「i保険」や「保険市場」のサイトは情報量・使い勝手ともに優れており、お勧めです。 比較サイトを賢く利用して、ニーズに合った保険を選んで下さいね。