•  米国のチェック強化

○ アメリカ((ハワイ・グアム・サイパンを含む)に行かれる方へ
・アメリカ運輸保安局(TSA)からの通達
アメリカ同時多発テロ事件以降、アメリカ運輸保安局(TSA)より、スーツケースに鍵をかけないようにとの通達が出ています。
これはセキュリティー強化のためで、TSA職員が無作為に開錠検査を実施しています。

預けた荷物に鍵がかかっていた場合、鍵を壊してもよいとの権限が与えられていますので、ご注意を。
ただし、TSAロック対応の鍵というものがあり、これなら鍵をしたまま預けられます。
TSAロックについては、下記を参照して下さい。

自分が開錠検査の対象になるかもしれませんので、スーツケースには貴重品を入れないようにしましょう。


・写真などのフィルムについて
検査の際に強力なX線検査装置が利用されているので、フィルムが感光してしまう事があります。
写真などのフィルムは手荷物として機内に持ち込む方が良いと思います。


・預ける時の中身のチェック
セキュリティー強化のため、預ける際の中身のチェックも厳しくなっています。
私がハワイに行ったときの感想ですが、出発時の中身のチェックに関しては、予想以上に厳しくてびっくり。 本人立会いのもとで行われ、特にムースや入浴関係のものを中心にチェックしていました。

  •  TSAロックとは
TSAロックとは、アメリカ運輸保安局(TSA)が認定したロックシステムの事です。
TSAロック対応の鍵であれば鍵をしたまま荷物を預けられ、開錠検査の際も鍵を壊さずに、TSA職員がロックを解除します。

現在、TSAロック対応のスーツケースから、TSAロック付きのベルトまで様々な商品が販売されています。
東急ハンズに行った時に見たら、TSAロック付きのベルトは2,500円前後で販売されていました。
TSA対応ではないスーツケースを持っているという方が多いと思いますので、その場合は、せめてTSAロック付きのベルトを用意した方が良いでしょう。