•  食品の持込み制限 (オーストラリア体験談)

入国時の食品の持ち込みについて、オーストラリアが他国に比べて非常に厳しいとされています。
では、実際の入国時のチェックや空港の雰囲気はどうなのか、気なりませんか?
そんな時は、経験豊富な方の体験を参考にするのが一番です。

下記は、主に家族旅行の旅行記をネットで公開している、「ken」さんの体験談です。
オーストラリアには何度も行かれていて、荷物チェックで厳重注意を受けた貴重な(!?)経験を持つ「ken」さん。 お話を伺ったところ、とても詳しい体験談を提供して下さいました。


○ 「ken」さんの体験談
ご存じの通りにオーストラリアの「食品の持ち込み制限」は、非常に厳しいです。 オーストラリアの空港では、どこも同じです。
荷物の中に食品がないか?臭いでチェックする為に、犬を連れた検疫官が巡回しています。

もし、食品を持ち込まれる場合には、素直に申告をされた方がいいですね。
申告したものの持ち込みの可否は、検疫でチェックしてもらえばいいので、隠さない方がいいでしょう。 このぐらいなら大丈夫だろうと、NOで申告をして、運悪く調べられたときは、かなり厳しく怒られますよ。
没収されるだけならまだしも、悪質ですと、罰金を科せられる場合がありますので。 要注意人物にならないようにしましょう。と要注意人物が語る。(^。^;)・・・

我が家でも、以前にケアンズの空港で入国をするときに、失敗。別に悪気があったわけでもないのですが、うっかりしていまして。。
まだ、子ども達が小さかった頃(小学生と幼稚園)で、お菓子が大好き。
そこで、スーツケースの中に子どもの好きなお菓子を詰め込んで行ったんですね。これが、そもそもの間違いでした。

それまで、検疫で引っ掛かったことがなかったので、安易に考えていたのかな。
空港に降りて、荷物を受け取り、申告書を渡し、いつもならそのままロビーに出して貰えるのに、何故か?荷物チェックをされる方に列ばされました。
普通の家族旅行なのに!怪しかったのか?ワンちゃんのチェックが入っていたのか?
この時は、スーツケースにお菓子が入っているのを、すっかりと忘れていて余裕です。
スーツケースを開けるように言われて、戸惑うことなく開けてみせると、検閲官がごそごそと調べ始めます。

「これは、何だ?」
と言われて、確認すると、なんと「かっぱえびせん」です。
「え。・・・・」(;゜0゜) ぎく。。。
分かりますよね。アレって、袋に大きくエビの絵が書いてあるでしょ。
「しまった。やってしまった~。」と動揺。。
その他にも、キャンディーやせんべいなど、出てくる。出てくる。
さ~。説明が大変です。申告していないので。。。原材料が何かとか?何故に隠しているのかとか?
とにかく、かなり強く怒られましたよ。「こんな事をすると入国させないよ。」と、怖いですね。。

良く憶えていないのですが、「かっぱえびせん」は、没収されたような気がします。
申告していれば、別に構わなかったと思うのですが。
その時は、厳重注意ということで、許して貰えましたけど。
それ以来、お菓子に限らず食品を持ち込むときは、必ず申告するようにしています。

ちなみに、空港には、検疫用ゴミ箱がいくつも置いてあり、食品などを捨てるように、警告がされています。
飛行機の中で食べていた残りとかは、このゴミ箱に捨てていく方が良いでしょう。


○ SPECIAL THANKS!
この貴重な体験談を提供して下さった「ken」さんには、心より感謝いたします。
また、「ken」さんの旅行記や日記は、文面から人柄の良さが伝わるので、私のお気に入りです。

ホームページはこちら ↓ (オーストラリアの旅行記も、もちろんありますよ♪)

  「旅のスクラップ帳」