•  液体類の機内持込み制限

2007年3月1日より、日本を出発する【国際線】全便を対象として、液体類の機内持ち込みが厳しく制限されます。

これは、イギリスでの航空機爆破テロ未遂事件を受け、国土交通省が暫定的な保安措置として発表したものです。


○ 概要
液体類(ジェル・エアゾールを含む)は、100ミリリットル以下の容器に入っていなければなりません。
また、液体類が100ミリリットル以下でも、容器が100ミリリットルを超えていると持込不可になります。

※対象となる液体類として、ハンドクリーム・歯磨き粉・ヨーグルト(容器に入っていないと形が維持できないもの)も含まれます。

上記の液体類は、ジッパー付きの透明ビニール袋に入れます。
ただし、ビニール袋の大きさは、20センチX20センチ(縦横合計が40センチ)以内に限り、持ち込める数は、一人一袋のみです。
機内へ液体類持ち込み1 機内へ液体類持ち込み2

上の写真では、縦20センチ、横18センチの袋を使用しています。
機内遊び用の「のり」も規制の対象なので気をつけましょう。


○ 例外
・医薬品 (医師の処方箋等があるもの)
乳幼児用のミルク・ベビーフード・ベビー用麦茶やイオン飲料
(乳幼児が同伴の場合に限り、機内必要分のみ持込み可能)
・特別な制限食等 (糖尿病などの場合)


○ 免税品について
保安検査後の免税店等で購入した液体類(お酒など)は機内持込みが可能です。
ただし、海外で乗り継ぎがある場合は、その国の搭乗時のルールにより没収される可能性があるので注意が必要です。


※この制限は、あくまで国際線の機内への持ち込みに対してのルールです
100ミリリットルを超える液体類でも、航空機受託手荷物(スーツケース)としてなら預けることができます。

  •  【国際線】 飲み物がまったく持ち込めないのでは・・・と不安に思った方へ
機内へ液体類持ち込み3 成田空港では、保安検査後の搭乗待合エリアの売店や自動販売機で、ペットボトル飲料などが販売されています。 ここで購入したものは、持ち込みOKです。

安全性を確認したもののみが販売されているので、持ち込み可能であるとの理由からです。
ただ、「ベビー用の麦茶・イオン飲料」までは売店で販売されていないので、ミルク同様に例外とされているのでしょう。

ただし海外の空港で、保安検査ゲートと搭乗口がほぼ同じ場所にある場合は、残念ながら持ち込む事ができません。
その場合は離陸後10分~20分ほどで始まる、機内の飲み物サービスを利用して下さい。

  •  【国内線】 の場合は?
日本国内の国内線は、国際線とは規定が異なります。
ペットボトル等が未開封の場合は、そのまま持込みOK。 開封してある場合も、保安検査時に内容物をチェックする装置にペットボトル等をセットして確認し、問題がなければ持ち込む事ができます。


  •  うっかり・・・セキュリティーチェック体験談1
「持ち込む液体類はビニール袋にまとめたし、準備万端!よーし。」と思った矢先、パパが保安員に「ちょっとこちらにお願いします。」と呼び出されました。
すると、「リュックの中身を全て確認させて頂きます。」と言われ、リュックのポケットや巾着の中・・・文字通り「全て」チェックが行われました。

そして判明した原因は「鼻炎スプレーと目薬」だったのですが、そのチェックの厳しさに少し関心した私でした。チェックを受けると時間をロスしますので、みなさんは気をつけて下さいね。


  •  これが!?・・・セキュリティーチェック体験談2
前回の失敗の教訓を生かし(?)自分以外の同行者も事前にチェック!しかし、またもや保安員に呼び止められてしまいました。
しかも、子供のかばんが怪しいとの事で、前回と同様にかばんの中身をすべてチェックしました。でも、なかなか見つかりません。私にも心当たりがないのです。

そして原因は・・・「ウェットティッシュ」!これ、ダメだったっけ!?。
「まぁ、水分が多目の高級品という事で・・・。」と自分を変に納得させたのでした。