•  航空会社選びの基礎知識

海外旅行は、観光はもちろんの事、「飛行機に乗る」のも楽しみの一つです。 逆に、小さな子供連れにとっては不安もあると思います。

最近では、パッケージツアーでも航空会社を選択できる事が多くなっています。
その時、「○○航空会社指定の場合、プラスX,XXX円」 となっているケースがあり、金額だけで航空会社を選択してしまいがち。

機内で少しでも快適に過ごせるように、納得した航空会社選びをしたいものです。その為の参考にして頂けたらと思っています。


○ 目的地までの利便性を考える
・直行便かどうか
子連れの場合、直行便が良いに越した事はありません。
ただし地方在住者の場合は、例外もあります。住んでいる近くの空港からソウル経由で目的地まで行った方が、国内線で羽田空港に来て成田空港へ移動するより、楽なケースがあるからです。

・乗り継ぎがある場合
日本からの直行便がない都市へ行く場合は、乗り継ぎをする事になります。
その時は、利用する空港(経由地)と、空港ターミナル内でスムーズに乗り継ぎができるかの2点が重要なポイントです。

例1) アメリカ本土へ行く場合
アメリカ本土で乗り継ぐ場合、デルタ航空だとアトランタ路線しか就航していないので、フロリダに行く以外は不便。そこで、国内でのネットワークに優れている、ユナイテッド航空とアメリカン航空のうち、目的地によって選択します。

例2) ヨーロッパへ行く場合
日本からの直行便がないヨーロッパの都市へ行く時、日本からの便と違う航空会社を利用する場合は、注意が必要です。
ターミナル間の移動が大変な空港がありますので、乗り継ぎの時間等、良く確認しましょう。


○ 安全な航空会社を選ぶ
航空機は自動車と比べるとずっと事故率が低く、安全な乗り物と言えます。それでも、より安全な航空会社を選びたいですよね。

「1970年以降の100万フライトあたりの事故率」という統計データによると、ワースト5は以下の航空会社になります。
エジプト航空、エア・インディア、チャイナエアライン、パキスタン航空、ガルーダ・インドネシア航空。

また、EUでは、乗り入れを禁止している航空会社を指定しています。その中で、日本に乗り入れている航空会社は、ガルーダ・インドネシア航空です。

逆に、先ほどの事故率データにおいてなんと0%だったり、そもそも会社創設以来無事故を誇る航空会社は、以下の通りです。
カンタス航空(オーストラリア)、エミレーツ航空(アラブ首長国連邦)、カタール航空、エバー航空(台湾)、フィンランド航空、ヴァージン・アトランティック航空(イギリス)、オーストリア航空。


○ サービスの質で選ぶ
快適な空の旅になるかどうかは、サービスの違いで大きく変わってきます。機内食、キャビンアテンダントの対応など、気になる事はたくさんあると思います。

まず、やはり日系の航空会社は、日本人に合ったサービスを提供してくれますし、日本語での対応ですので安心感があります。
ヨーロッパ系のエアラインでは、各国の特色を生かした機内食が楽しみ♪という方が多いですね。

このサービス面についてですが、地域によって特色が異なります。下記のページでまとめていますので、こちらも合わせてご覧下さい。
  → 子供と飛行機~地域別エアラインの特徴~

  •  航空会社で異なる【燃油サーチャージ】額
2009年度に入って金額が落ち着いてきた「燃油サーチャージ」ですが、航空会社によって金額に差がある事をご存知でしょうか。
2008年度は異常な金額まで高騰し、悩んだ貧乏旅行人の私は、「今年の夏はXX航空会社が就航している都市に行く。」と航空会社ベースで旅行の計画を立てました。

燃油サーチャージについての詳細は、こちらをご覧下さい。
   → 旅行代金について~「諸費用」も重要<燃油サーチャージ>~