•  部屋タイプについて

○ ホテルの場合
・スタンダードルーム
ベッド&シャワールームがあるホテルの基本の部屋です。
旅行するメンバー構成によってベッドタイプを決めます。

ツインベッドルームが一般的で、エキストラベッド(簡易ベッド)を使用することもできます。ただし、エキストラベッドの搬入がチェックイン後であることがあり、部屋の広さによっては手狭に感じるかもしれません。
また、ベッドが3つあるトリプルベッドルームがあるホテルも、少ないですがあります。
部屋タイプ(エキストラベッド) 家族連れですと、手狭になるとは分かっていても、エキストラベッド(簡易ベッド)の利用を考える方が多いと思います。

その場合は、利用する部屋の広さを気にして、ホテルを選択して下さい。

左の写真では、手前がエキストラベッドです。 この時はツインルームとしては広めで、約38㎡ありましたので、手狭な感じはしませんでした。


・ファミリールーム
リビングと寝室が別になった部屋です。寝室は1部屋と複数のパターンがあり、ベッドタイプもまちまちです。 部屋の広さも様々なので、予算や人数・子供の年齢に応じて決めるとよいでしょう。

全体的にスイートルームを思わせる雰囲気で、寝室で子供を寝かせた後、リビングでくつろぐなんてことができます。


コネクティングルーム
コネクティングルームとは、中扉でつながった2つの部屋のことで、 2室の側壁のドアを開放することによって廊下に出なくても部屋間を行き来できます。

中扉は自由に開け閉めできますし、シャワールームが各部屋にあるのがポイントです。
グループや3世代旅行の場合は、断然コネクティングルームがおすすめです。

右の写真は、コネクティングルームの中扉を閉めた状態で撮影したものです。
部屋タイプ(コネクティングルーム)


・コテージ
フロント・レストランなどは別の建物に設けられた、一戸建てになった宿泊施設で、プライバシーが守られるのが特徴です。
水上に建てられたものなどがあり、リゾートで人気があります。


・ヴィラ
コテージのさらに高級感のあるものを呼びます。
通常、コテージより大きく一軒の家の規模を備えており、アジアン・リゾートでは定番となりました。


コンドミニアムの場合
ほとんどが、キッチン&リビングと寝室が1部屋か2部屋でシャワールームが1つです。
寝室もツインとダブルの両パターンがあり、人数に応じて部屋の構成を選びます。
自宅に似た間取りなので、ファミリーで充分くつろぐ事ができるでしょう。