•  レンタカーを借りる旅

子供が小さくオプショナルツアーの参加に不安がある時、何度も訪れていて違う一面を発見したい時・・・ レンタカーを借りてドライブするのも良い思い出が残るのではないでしょうか。
ただ、慣れない交通ルールや道路標識で混乱して事故を起こさないように、気をつけたいですね。


○ レンタカーを借りる時のポイント
・予約
レンタカーは、日本で事前に予約していくことをおすすめします。
大抵は旅行会社で申し込みできますし、レンタカー付のツアー(プラン)もあります。
レンタカー会社によっては年齢制限があり、21才以上の場合や25才以上となっている事もあります。
また、25才未満の運転者追加料金や追加運転者登録料が必要になるケースがありますので、予約内容はしっかり確認して下さい。

・国外運転免許証
海外で車を運転するには、国外運転免許証が必要です。
例外としてハワイでは、日本の運転免許証で良いとされています。

 取得の方法は → 渡航手続き ~国外運転免許証~

・クレジットカード
レンタカーを借りるとき、クレジットカードの提示を求められます。
身分証明と保証金の代わりになるので、一枚は持って行きましょう。

 詳しくは → 渡航手続き ~クレジットカード~

・保険
現地でレンタカーを利用する場合には、必ず保険に加入する事が必要です。
なお、海外旅行傷害保険とは別に、レンタル会社で強制保険・任意保険に加入します。 詳細については、下記を参考にして下さい。

  ・海外旅行の保険 ~レンタカー運転時の保険~
   ○ カナダ・アメリカ・ハワイ
   ○ グアム・サイパン
   ○ オーストラリア・ニュージーランド


  •  小さな子供がいる場合、チャイルドシートの手配をお忘れなく!
予約時に確認しておきたいのが、チャイルドシートの手配です。

ハワイでは、2007年1月1日に州法が改定され、チャイルドシート着用が義務付けられています。 ハワイでレンタカーの利用を考えている方は、こちらもご覧下さい。

 詳しくは → ハワイのあれこれ~子連れハワイの注意事項~