•  現地での子供向けサービス

キッズプログラム
4・5歳から12歳までの子供を対象としたプログラム。3歳から参加可能のものもあります。
ビーチ遊びや動物との触れ合い、アート&クラフトなど子供の好奇心を引き出す色々な内容で有料のものと、主催しているホテル宿泊者対象の無料のキッズプログラムなど様々です。
キッズプログラムはホテル選びの一つのポイントと言えるでしょう。


○ 託児施設、ベビーシッター
子供と一緒に参加できるオプショナルツアーや、安心して利用できるレストランを選ぶのが基本ですが、大人だけの時間・アクティビティーを楽しみたい場合に、利用を検討しましょう。
ホテルの付帯施設に託児施設がある場合や民間運営の託児所・ベビーシッターがあります。

料金設定や日本語対応ができるか様々なので、利用する予定がある方は出発前に調べておくとよいでしょう。 旅行会社に相談したり、口コミを参考にするのがおすすめです。


○ ベビーベッドの貸し出し
よほどの安いホテルでない限り、ベビーベッドの貸し出しがありますので、利用する場合は事前にリクエストしておきましょう。 基本的に無料ですが、一部有料の場合があります。

日本のベビーベッドと比較すると、寝かせる位置が低くて、その分柵が高いのが特徴です。
転落防止に配慮した安全な設計と言えますが、寝ている子供をおろしづらいという意見も聞かれます。


○ ベビーカー(ベビーバギー)のレンタル
旅行会社のツアーを利用の場合、ベビーカー(ベビーバギー)をレンタルできる事があります。
旅行会社によって、無料・有料やレンタルを行っていない場合がありますので、予約前に確認して下さい。

我が家ではシンガポール旅行で右のベビーカーをレンタルしました(無料)。 買い物の時などは、とても便利でした。
現地サービス(ベビーカー)


○ キッズ食事無料
ハワイ・グアム・サイパンでは宿泊するホテルによって、キッズ食事無料というツアーがあります。 大人1名の通常メニューの注文につき、子供(12歳以下)1名分の食事代を無料にするというサービスです。 子連れにはうれしいサービスなので賢く利用したいですね。