•  米国電子渡航認証(ESTA)

○ 電子渡航認証(ESTA)とは
2009年1月12日以降、ビザ免除プログラム(※1)を利用してアメリカ(※2)に渡航するすべての渡航者に対して、事前に電子渡航認証の取得が義務付けられました。
電子渡航認証は通称「ESTA」と呼ばれ、Electronic System for Travel Authorization の略です。

渡航認証の取得を行っているかどうかは、アメリカへ出発する時の航空(船)会社のチェックイン時に確認されます。 その際、渡航認証の取得を行っていないビザ免除プログラム渡航者は、搭乗または乗船を拒否されます。

この渡航認証は、アメリカへの入国が保証されるものではありません。入国の最終決定は入国地移民審査官が行います。
なお、今まで通り米国出入国カード(I- 94W)の記入も必要となります。

※1 ビザ免除プログラム
・渡航者はビザ免除プログラム参加国の国籍であること(日本は参加国です)
・渡航目的が商用・観光・通過であること
・アメリカでの滞在期間が90日以下であること

※2 ここでのアメリカの定義
アメリカ本土とハワイを指します。
グアムについては、独自のビザ免除プログラムがあります。(下段の記載事項を参照して下さい。)


○ 電子渡航認証(ESTA)の申請方法
渡航認証(ESTA)を取得するには、インターネットでESTAのサイトにアクセスし、申請を行います。
申請に対する「承諾」・「保留」・「拒否」の回答は、申請から72時間以内に行われますので、遅くとも出発の72時間前までに申請する必要があります。
回答には申請番号が付与されるので、番号は必ず控えて下さい。


○ 電子渡航認証(ESTA)の申請内容
申請内容は、アメリカ入国の際に提出している出入国カード(I- 94W)と同じです。

・申請者情報
氏名・性別・生年月日・住所など

・パスポート情報
パスポート番号・発行国・発行年月日・有効期限

・渡航情報
搭乗する航空会社や搭乗都市など

・米国滞在中の住所
必須項目ではありませんが、分かっている場合に記入します

・質問事項
いくつかの質問に、「はい」か「いいえ」で回答します


○ 電子渡航認証(ESTA)の有効期限
取得から2年間有効ですが、パスポートの有効期限が2年未満の場合は、その有効期限まです。
ただし、パスポート記載内容に変更があった場合は、新たに渡航認証を取得する必要があります。


○ グアムのビザ免除プログラム
グアムビザ免除プログラム(※3)を利用してグアムに渡航する場合は、渡航認証(ESTA)を取得する必要はありません。
ただし、グアムに16日以上滞在する場合や、グアムからアメリカの他の都市に移動する場合は、通常のビザ免除プログラム(VWP)を利用する事が必要です。

※3 グアムビザ免除プログラム
・グアムビザ免除プログラム参加輸送機関で渡航すること
・払い戻し・変更不可な入国日から15日を越えない復路のチケットを持っていること
・渡航目的が商用・観光であり、グアムのみを目的地とすること
 (アメリカ国内の他の都市へ移動することはできません)

  •  子供も渡航認証(ESTA)の取得が必要です
アメリカ本土・ハワイへ渡航する場合は、米国出入国カード(I- 94W)の記入と同様に、 子供も含め渡航する家族人数分の申請が必要です。